疲れた目を休めるには、どうすればいいのでしょうか? 目を休める方法は、以下の通りです。 ・まばたきをする ・目薬をさす ・遠くのものを見る ・眼球を動かす ・蒸しタオルで目を温める 目を潤すことによって、疲れ目を改善することができるので、意識的にまばたきをしたり、定期的に目薬をさしてください。 そうすることで、目を休めることができます。 それに、遠くのものを見ることで、ピントを合わせることができ、疲れた目を休めることができるでしょう。 また、眼球をゆっくりと動かすと、筋肉のこりをほぐすことができ、血行が良くなります。 その結果、目の疲れを緩和することができるのです。 そして、自宅にいる時は蒸しタオルで目を温めてください。 目を温めることで、血行が促進されて疲れ目が改善します。 どれも簡単にできるものばかりなので、日頃から行うようにしましょう。 疲れ目をそのまま放置していると視力の低下を招いてしまうので、しっかりと目を休めるようにしてください。